Thumb a0646ada 7e30 487e 9823 720b0f5b50b0

わーちゃん

基本プロフィール

  • 日本出身
  • デンマーク / イギリス
  • コペンハーゲン
  • 保育園 (インターン) / デンマークにある企業 (インターン) / 家事アルバイト(時間勤務です) (オペア)
  • 9ヶ月
  • 福祉系
  • 昭和女子大学
  • 東京都立目黒高騰学校
  • トビタテ留学JAPAN 多様性人材コース 4期

なぜ留学したか

日本の
「家族との時間を犠牲にしてまでモーレツに働くこと」
に疑問を持っていたことから、現在デンマークにて

「幸せを保つ適切なワークライフバランスとは何か」
を勉強しています。

社会の持続的な発展のためには女性の活躍が不可欠であることは今や世界の常識となりつつあるのにもかかわらず、日本はまだまだ働く女性の直面する問題を解決できずにいますが、デンマークでは、共働きが主流でありながら出生率が1.73は、日本の出生率が1.46であることに比べてはるかに高く、なおかつ幸せである国を保っているこの国は、日々新しい学びを得ることができ、とても刺激的な毎日を過ごしています。

どうやって留学したか

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~にご支援いただき、大学を1年休学して留学中。

留学で取り組んだこと

大学の交換留学制度を利用して留学へ来たわけではないため、大学へは通わずに半年の留学期間を、
①家庭 ②保育園 ③企業 
という3つの観点から個人で調査活動を行っています。
①家庭
半年のデンマーク留学期間を、70代のデンマークご夫婦の下でホームステイ中。
お子さんが2人とお孫さんを4人お持ちで、週に1度お子さんの家事や育児のお手伝いをしているところへ同行したりして、子育てや家事援助の関わり方を勉強させていただいています。

②保育園
9月と10月は、2種類の保育園にて週に3度づつインターンとして働きながら、合わせてワークライフバランスや子育ての夫婦間の子育てシェア率に関するアンケート調査を合計150名の親御さんへ実施。
同じアンケート調査を日本の幼いお子さんを持つ親御さんにも70名に対して実施し、両国の分析結果から、日本の労働時間の長さ、従業員の子育てに対してフレキシブルに対応しきれていない労働環境、また、旦那さんの子育て参加率の圧倒的な低さなどが明らかになりました。

③企業
留学テーマである「幸せを保つ適切なワークライフバランスとは何か」を研究するため、デンマークにある企業へコンタクトを取り、11月からフルタイムでインターンとして採用していただきました。セールスマーケティングとして、日本のクライアントとのコンタクト、ミーティングへの参加による日本人社員とデンマーク人社員のコミュニケーション円滑化、PRマガジンの日本語訳などを行っています。

話せること

相談するのが不安ですか?

分からない事があれば画面右下の緑のアイコンから何でも質問してみて下さい。
運営メンバーがチャットであなたの疑問や不安にお答えします。