基本プロフィール

  • 日本出身
  • インドネシア
  • ジョグジャカルタ特別州
  • 特定非営利団体法人APEX (インターン)
  • 2016.4.1〜2017.2.28
  • 環境系
  • 香川高等専門学校 専攻科

なぜ留学したか

 開発途上国の水環境事情に疑問と危機感を持ち、「持続可能な水環境」の実現の一端を担いたいと思い、インドネシアの排水処理センターにてインターンをしています。技術だけでなく人の生活や文化、経済的事情などが絡み合い、現状が悪化してゆく中で、まずは自分にできることを考えて行動しようと考えました。
 外国語を学びたい、海外で長期の実践を積みたいというのが大きな動機です。

どうやって留学したか

金銭面ではトビタテ!留学JAPANの奨学金を利用しました。当プログラムに応募する前から、インドネシアにて適正技術を用いた排水処理やエネルギー開発などを進めていた団体と交流があったため、指導教員より受け入れのお願いをしていただきました。
書面と面接の選考時は、過去のインドネシアを含む海外渡航経験や、学会発表(論文やポスター作成)等の活動経験を活かして取り組みました。

留学で取り組んだこと

 2016年4月よりインドネシアに留学し、6月中旬まではインドネシア語の語学学校に通っていました。インドネシア語の勉強の後、現地NGOである適正技術排水処理センターにて、排水処理設備についての勉強、営業やメンテナンス出張への同行、記事作成などを行っています。
 また、個人の活動としては、トビタテジャーナルへの投稿や、個人で開設した「香川からインドネシアへ」というブログにて、インドネシアでの日々の活動や文化に関わることを記事にして発信しています。現地ではジョグジャカルタ市付近の排水処理設備普及状況についての研究調査も行っており、インタビューやアンケート、村や排水処理場への訪問も行っています。
 10月には現地のシンポジウムへの参加を行いジョグジャカルタにおける排水処理に向けての提案を行いました。インドネシア語の勉強は留学中継続的に行っており、インドネシア語技能検定試験に向けての勉強も続けています。

話せること

#インドネシア語の勉強方法

#インドネシアの文化、国民性

#途上国の排水処理事情について

#トビタテ!留学JAPAN 1次審査、2次審査について

#その他の留学選考のアドバイスなど

#理系

#途上国

#環境工学

#排水処理

#NGO、

相談するのが不安ですか?

分からない事があれば画面右下の緑のアイコンから何でも質問してみて下さい。
運営メンバーがチャットであなたの疑問や不安にお答えします。