基本プロフィール

  • 日本出身
  • 大韓民国 / 日本 / 大韓民国
  • 大邱広域市(Daegu) / 東京(Tokyo)
  • 慶北大学校 Kyungpook National University / UNESCO (交換留学) / 一般社団法人アプチーズ・エンタープライズ(創作舞踊集団 寶船)/文部科学省 トビタテ!留学JAPAN事務局 (インターン) / 内閣府 日本・韓国青年親善交流事業 (フィールドワーク)
  • 2015年3月〜12月(10ヶ月)/ 2016年3月〜2016年9月 / 2016年9月〜2017年1月
  • エンターテイメント系 / スポーツ系 / 経営系
  • 徳島大学(Tokushima University)
  • 須磨学園高等学校(Suma Gakuen High School)
  • トビタテ!留学JAPAN|株式会社トライバルメディアハウス(2018年4月入社予定)

なぜ留学したか

私は兵庫県神戸市出身で、大学進学を機に徳島に来たのですが、自分の知らなかった世界(地方)に日本の良いものがたくさんあることを知り、「日本の良さを、国境や世代を超えて伝える」ことを人生の目標に掲げています。
以下の韓国留学や東京留学も、そのような思いからおこないました。

《韓国留学》
徳島の伝統芸能・阿波踊りを中心に、日本文化の魅力を国境(韓国人、韓国にいる留学生)を超えて伝えるスキルを身につけるため。

《東京留学》
個人におこなう草の根の活動に限界を感じ、ビジネスとして自分の目標を達成する経験を身につけたいと思ったため。ビジネススキルを身につけるため。

《内閣府 日本・韓国青年親善交流事業》
韓国人の仕事観に触れる。

どうやって留学したか

《韓国留学》
大学の協定校である韓国・大邱(テグ)の慶北大学校(Kyungpook National University)に交換留学。韓国を選んだ理由は、2015年から協定校の中で1年間留学できる大学が韓国の大学のみだったという浅はかな理由です。
「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム2期生・多様性人材コースに採択されました。

《東京留学》
一般社団法人アプチーズ・エンタープライズに関しては、元々代表の方と繋がっていて、メールでオファーをいただきました。
トビタテ!留学JAPAN事務局に関しては、2016年6月に募集があり、7月に面接、8月からインターンが開始されました。
東京の住まいに関しては、トビタテハウスという浅草にあるシェアハウスに住んでいました。

《内閣府 日本・韓国青年親善交流事業》
4月に書類審査、5月に筆記試験と面接試験がありました。

留学で取り組んだこと

《韓国留学》
《授業》
英会話、韓国語会話など留学生向けの授業を受講

《韓国語語学学校》
慶北大学校語学教育院

《インターンシップ》
UNESCO Cross-Cultural Awareness Program
韓国の小中高に訪問し、日本語や日本文化の授業

《フィールドワーク》
・日韓国交正常化50周年記念「Korea-Japan New Future Project」、日韓平和フォーラムに参加
・大邱観光日本人記者としての活動
・留学生を巻き込んだ阿波踊りの発信活動

《韓国内旅行》
ソウル、慶州、全州、釜山、浦項、済州島、安東

《東京留学》
・一般社団法人アプチーズ・エンタープライズでの活動(インターン兼演者として、海外8ヶ国での公演を経験)
・文部科学省海官民協働外留学推進戦略本部(トビタテ!留学JAPAN事務局)での広報・マーケティングインターン(出向者から成り立つスペシャリスト集団で、WEBマーケティング・コミュニティマーケティングを担当)

《内閣府 日本・韓国青年親善交流事業》
・YL(ユースリーダー)として活動

話せること

#韓国の地方都市での生活(Wi-Fi等の通信環境含め)

#悔いのない留学生活の過ごし方

#トビタテ!留学JAPANの実際(トビタテ!留学JAPANで半年間インターンをしていました。)

#韓国語の学習方法

関連リンク

徳島大学で留学前の計画を紹介いただいた記事
http://www.isc.tokushima-u.ac.jp/?page_id=2624&preview=true

ぼくがオススメする韓国語学習の参考書(知の見取り図)
http://mitorizu.jp/user/138

みんなに聞いたら解決するかも?

Diverseas Loungeは他の留学メンターや留学仲間とつながり、体験談やアドバイスをシェアできる交流の場です。