基本プロフィール

  • 日本出身
  • ドイツ
  • ドレスデン
  • ドレスデン工科大学(Technische Universität Dresden)
  • 外国語系
  • 慶應義塾大学院

なぜ留学したか

独文科を出て、学部卒業時に英語・ドイツ語の教員免許を取得しました。
そのまま英語の先生になる道もあったのですが、せっかくドイツ語をやったことだし、
ドイツ語の教員としてのスキルをもう少し高めたいという気持ちがありました。
また、日本の外国語教育は、いくらグローバル志向といっても英語教育だけに重心が置かれてしまって、
他の外国語教育は非常におろそかになっているのが現状です。
そこに大きな問題意識があり、私はドイツ語教育の道で専門性を高め、
今後教員として働くうえで、ヨーロッパが推進する「複言語・複文化教育」の分野を考えていく必要があると感じ、大学院に進学して留学をしようと決めました。

どうやって留学したか

大学の提携先の交換留学制度を使いました。
トビタテ!留学JAPANの奨学金、派遣先の大学院の奨学金を得ることが出来ました。

留学で取り組んだこと

・大学での授業(ドイツ語教育における理論、実践。ゲームを使ってドイツ語を教える授業、「ドイツ文化」を教える授業、ドイツ語でのプレゼンテーショントレーニング)
・日本語の授業のボランティア(授業実践)

話せること

#ドイツでの暮らし方

#ビザの取り方

#ドイツの大学制度の情報

#語学学校の情報(タンデムパートナーの探し方等も含む)

相談するのが不安ですか?

分からない事があれば画面右下の緑のアイコンから何でも質問してみて下さい。
運営メンバーがチャットであなたの疑問や不安にお答えします。