基本プロフィール

  • 日本出身
  • ルワンダ
  • Huye(Butare)
  • Protestant Institute of Arts and Social Sciences (正規留学)
  • 2016/3/22~2017/2/15
  • 国際系
  • 広島市立大学
  • 広島皆実高校

なぜ留学したか

広島で生まれ育ったことから「平和」や「紛争」に興味を持ち、大学では国際政治学・平和学を学んできました。紛争の絶えないアフリカ地域に興味を持ち、その中でも22年前に大虐殺を経験したルワンダに強く興味を持ちました。紛争を経験したルワンダや太湖地域の国々の学生達と共に平和学を学びたいと思ったこと、またルワンダの実社会で和解などの草の根の平和構築活動がどのように行われているのかを見たいと思い、ピアス大学への留学を決めました。

どうやって留学したか

金銭面はトビタテ留学JAPANの4期生として支援をしていただきました。
留学先は所属ゼミの先生から紹介を受け、留学先の方にコンタクトを取って交渉しました。
インターンシップは、広島のとあるNGOの方から元青年海外協力隊ボランティアの方を紹介していただき、その方とお話をしていく中で決めました。

留学で取り組んだこと

・平和・紛争学研究学科での勉強
・ルワンダ人、コンゴ人、日本人とのシェアハウス
・大学先にあるピース・クラブでの活動
・ヒロシマの原爆についてのプレゼンテーション
・小学校で英語を使った授業をするボランティア
・教育支援をするNGOでのファンドレイズのための調査インターンシップ
・ルワンダ農村部でのホームステイ
・卒業論文に向けたインタビュー
・フランス語語学学校での勉強
・ルワンダ周辺のアフリカ諸国へ旅行

話せること

#ルワンダについて(ルワンダ人の優しさ、食生活、治安、歴史など)

#紛争解決、平和構築分野について

#アフリカに留学する意義について

#広島の学生が世界に飛び立つ意義について

#地方の学生が留学する意義について

#トビタテ留学JAPANへの応募についての相談、アドバイスなど

相談するのが不安ですか?

分からない事があれば画面右下の緑のアイコンから何でも質問してみて下さい。
運営メンバーがチャットであなたの疑問や不安にお答えします。